南野陽子さん

公式プロフィールページ


Facebookページ

1984年にテレビドラマ『名門私立女子高校』で芸能界デビューし、1985年にアイドル歌手としてレコードデビュー。いわゆる“80年代アイドル”の一人として「楽園のdoor」「話しかけたかった」「はいからさんが通る」「吐息でネット。」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」「フィルムの向こう側」など、ヒット曲を連発しました。

女優としても活躍し、テレビドラマでは1985年に『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で2代目・麻宮サキ役を熱演。1987年には映画『はいからさんが通る』で主演を務めました。

1992年からは完全に女優業にシフトし、映画『寒椿』『私を抱いてそしてキスして』の主演で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞しました。

歌は、バラエティー番組や歌番組などで時折披露する程度でしたが、デビュー30周年を迎えた2016年にソロコンサートを開催。

49歳の誕生日を迎えた2017年の6月にソロコンサートの“追加公演”を開催し“アイドル歌手・南野陽子”の卒業を宣言しました。


ウチナーコンボイが人生で初めて入った「芸能人のファンクラブ」が、ナンノさんこと南野陽子さんのファンクラブでした。

小学5~6年生の頃だったと記憶しています。コンサートに行くでもない、ひたすらテレビ越しに応援する在宅ファンでした。

それから27年の月日が経った2016年2月、デビュー30周年記念コンサートに参加してきました。握手会もあったので、ほんの少しだけですが言葉を交わさせていただきました。

2019年08月13日